文字

携帯電話やスマートフォンの
使用について

近年の携帯電話および医療機器の機能向上により医療機器がその影響をほとんど受けなくなってきております。また、総務省を初めとする関係機関からも携帯電話による医療機器への影響が確認されない旨の報告が出されていることから、次のルールで使用していただくこととしました。

ご来院の皆様におかれましては、使用場所とマナーを守っていただき、周囲の方々の迷惑とならないようご協力をお願いいたします。

1. 院内全域でメール・インターネットがご使用できます

  • 一部エリア(診察室、手術室、透析室)を除きます。

2. 通話可能エリアを増やしました

  • 通話可能エリア(外来各待合ホール、正面玄関、病棟個室、各病棟デイルーム、職員玄関)にて通話ができます。

3. マナーを守ってご使用ください

  • 院内ではマナーモードに切り替えてください。
  • 大声での通話はご遠慮ください。
  • 音楽や動画等を視聴の際はイヤホンなどを使用してください。
  • ペースメーカーや輸液ポンプ近くでは使用をご遠慮ください。
  • 救急・緊急時以外での夜間の使用はご遠慮ください。

4. 使用禁止エリアについて

  • 診察室、手術室、透析室では電源をお切りください。

診療に支障をきたす恐れがある場合や影響が発生した場合は、職員の指示で使用を中止・制限をさせていただく場合があります。ご了承ください。

病院長 黒﨑 功

ページの先頭へ戻る