文字

消化器科

対象疾患
食道・胃・十二指腸・大腸・肝臓・胆嚢・膵臓

当科では、消化器外科との綿密な連携による円滑な治療など、小回りの利いたきめ細やかな医療を心がけています。また、遠くへ行かずとも、出来るだけ地元の病院で精査と治療が完結出来ることを目標としています。病院を受診する際には誰もが不安になるものですが、それをなるべく和らげることが出来るよう迅速な対応と情報提供を行いたいと考えています。南新潟地域の中核病院として、いつも皆様に貢献できる診療科であることが願いです。

具体的には以下のような診断治療を行っています。

I. 消化管疾患

  • 消化管(食道・胃・大腸)の早期癌などの診断、及び内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)・粘膜切除術(EMR)による内視鏡治療。
  • 胃・十二指腸潰瘍の診断。ヘリコバクターピロリ菌の除菌療法を中心とした潰瘍の治療。
  • 胃十二指腸潰瘍・食道静脈瘤による吐血・下血などの消化管出血に対する内視鏡的止血術。
  • 潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患の診断・治療。
  • 高齢者など経口摂取困難な患者さんに対する内視鏡的胃瘻造設術。

II. 胆・膵疾患

  • 膵・胆嚢・総胆管の結石や癌の診断。内視鏡を用いた総胆管結石の摘除。
  • 結石や癌による閉塞性黄疸に対する減黄術(内視鏡的ドレナージ又はエコーを用いた経皮経肝ドレナージ)

III. 肝疾患

  • 急性・慢性肝疾患の診断・各病態に応じた治療。
  • 肝腫瘍に対するラジオ波焼灼術・肝動脈からの抗癌剤注入・塞栓療法。

その他、お腹のことに関して、不安・心配なことがありましたら遠慮なく御相談ください。

医師紹介

常勤医師

副院長・消化器内科部長太田 宏信

消化管、肝、胆、膵

昭和56年卒

日本内科学会認定医/日本消化器病学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医/日本肝臓学会肝臓専門医

診療部長・消化器内科部長石塚 基成

消化管、肝、胆、膵

平成2年卒

日本内科学会認定医/日本消化器病学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医

消化器内科医長五十嵐 俊三

消化管、肝、胆、膵

平成22年卒

日本内科学会認定医/日本消化器病学会専門医/日本医師会認定産業医

ページの先頭へ戻る