文字


外来・病棟・治療棟の紹介

外来

外来では18診療科の診察および検査を行っています。また、内視鏡下での治療や抗がん剤治療などの通院治療も行われています。看護師は、患者さん一人ひとりに安全・安心で快適な環境を提供できるよう、きめ細やかな配慮を心がけています。さらに、複雑かつ多様化する通院治療に対応し、「より身近な医療の専門家」として患者さんを支援できるように、専門的な知識や技術の向上に努めています。患者さんに寄り添い支える看護を一緒に作り上げていきませんか。

(副部長 奥山晶子)

東棟3階病棟

東棟3階病棟は、消化器内科・外科、皮膚科の患者さんが入院しています。手術や内視鏡下での検査、処置が行われる急性期病棟です。また、緩和ケア委員会メンバーが中心となり、がんの発症からターミナル期まで、一人ひとりの患者さん・ご家族に寄り添った看護ができるよう、スタッフ全員で情報を共有し、支援を心がけています。知識・技術の向上に努めつつ、報告・連絡・相談を確実に行い、安全・安心に入院生活を過ごしていただけるように、チーム全体で努力しています。地域に根ざしたあたたかい看護の心で、ともに成長していきましょう。

(師長 松原香)

東棟4階病棟

東棟4階病棟は、急性期内科病棟として新病院開院より少し遅れて8月1日に開設しました。循環器、呼吸器、腎臓、脳神経、消化器疾患などの急性期の患者さんが入院される病棟です。幅広い診療科のため疾患、病態も様々です。高齢化社会のため、合併症を持った方々も多く多様な支援も必要となります。他職種や地域連携室との連携も不可欠で、チーム医療となります。地域に、患者さん一人ひとりに寄り添える看護を、新病院・新病棟で一緒に実践しませんか。

(師長 原口孝子)

東棟5階病棟

平成29年10月1日より東5階病棟は地域包括ケア病棟として再編されました。地域包括ケア病床は、全診療科の入院患者さんに対応しています。急性期の治療を終了後、すぐには在宅や施設へ移行するには不安のある患者さんに対し、在宅復帰に向けて医療管理・診察・看護・リハビリを行うことを目的としています。看護師は、入院中から退院後の生活を見据えて患者さん、ご家族へ寄り添い、安全に安心して過ごしていただけるよう努めています。また、リハビリやソーシャルワーカー等の多職種協働でカンファレンスを行い退院調整・支援を行っています。患者さんが、その人らしく生活ができるよう、住み慣れた地域へ笑顔で帰っていけるように、患者さんの生活を支える看護の実践を目指しています。新卒看護師、キャリア転職採用看護師も入職されています。子育て世代の看護師や幅広い年齢層のスタッフで構成され、チームワークよく頑張っています。

(師長 小林幸子)

東棟6階病棟

東棟6階病棟では、脊椎損傷などの重度の肢体不自由、脳疾患などの意識障害や、気管切開等で長期にわたり人工呼吸器を装着している患者さん、また、終末期の癌患者さんが入院されている障害者病棟で、慢性期からターミナル期の看護を行っています。

寝たきりで、長期入院を余儀なくされる患者さんに、少しでも気持ちよく過ごしてもらいたい為に、清潔ケアに力を入れて取り組んでいます。自力で動く事ができなくても、会話をする事が出来なくても、「その人らしく」を基本に、安全で温かい雰囲気のある環境づくりと、患者・家族に寄り添う看護が提供できるように、スタッフみんなで日々努力しています。

(師長 長谷川恭子)

手術・中央材料室

手術を受ける患者さんの不安や緊張が少しでも和らぐように、術前訪問を行い患者さんの希望に沿った看護計画を立案しています。また、意識下手術では、患者さんの希望されるBGMを流すなど、リラックスできる環境づくりに配慮しています。

手術室内は、帽子・マスクで顔がほとんど見えませんが、常に患者さんの立場に立ち、思いやりのある看護を実践できるよう取り組んでいます。

(師長 高野尚子)

透析室

~安全・安心な透析療法と明るいスタッフ~

透析室は新潟白根総合病院の西棟4階にあり、担当スタッフは医師・看護師・医療技術者の14名です。当透析室は、患者さんの通院において利便性を高めたいという強い思いから1991年に開設されました。現在でも、設立当初と変わらず、近隣の方を中心に約100名の患者さんを受け入れています。透析治療は患者さんにとって精神的にも肉体的にも負担の多い治療です。安全性を確保するとともに精神的なケアにも積極的に取り組み、明るく、アットホームな治療環境を提供することが私たちの目標です。1991年開設後、徐々に増設し、現在透析装置は34台となり、87名の患者さんの血液透析療法を行っております。透析を受ける患者さん一人ひとりに目を配り、安全に透析が行えるよう支援すると共に、常に笑顔で明るい職場作りに努めています。

(師長 池田千代子)

ページの先頭へ戻る