文字

外科

対象疾患と
治療方法
  1. I. 消化管疾患:胃癌、大腸癌、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  2. II. 肝胆膵疾患:膵癌、胆道癌、転移性肝癌、肝細胞癌、胆石症
  3. III. 内視鏡外科手術:大腸癌、胆石症、肝腫瘍、膵腫瘍・膵疾患の手術
  4. IV. 抗癌剤治療:膵癌、胆道癌、大腸癌、胃癌、乳がんの抗癌剤治療、再発がん治療
  5. V. 腹部救急:穿孔性腹膜炎、腸閉塞、急性胆嚢炎、急性虫垂炎など
  6. VI. 緩和ケア
  7. VII. 各種ヘルニアや肛門疾患

当科は日本外科学会に認定された外科専門医制度修練施設です。対象とする疾患群、治療内容については上述した通りであり、腹部消化器疾患、肝胆膵疾患、直腸肛門疾患などの腹部消化器疾患を幅広く受け入れております。身体に優しい腹腔鏡手術は、大腸癌、胃癌や胆石・胆嚢炎などの胆道疾患を対象とする場合が一般的ですが、当科では、肝腫瘍や膵腫瘍に対しても腹腔鏡手術を行っております。

消化器疾患は診断から治療まで一貫した取り組みが重要です。当院では消化器外科と消化器内科およびコメディカルは毎日の検討会により密接な情報交換を行い、しっかりとしたチーム医療を行っています。従って診断を得てから手術や治療までの時間は極めて短縮されています。がん治療においては分子標的薬を含む最新の抗癌剤治療から、緩和治療・ケアまで幅広く対応しています。迅速な診断と治療、患者さんの病態に応じた術後管理と早期の社会復帰が当科のモットーです。

専門医制度と連携したデータベース事業について(PDF)

医師紹介

常勤医師

病院長黒﨑 功

肝胆膵、内視鏡外科、胃

昭和58年卒

日本消化器外科学会認定医/日本消化器外科学会専門医/日本消化器外科学会指導医/日本外科学会認定医/日本外科学会指導医/日本肝胆膵外科学会高度技能指導医/日本消化器がん治療認定医

医療安全管理部長・外科部長飯合 恒夫

下部消化管外科(大腸癌、炎症性腸疾患)、乳癌

昭和63年卒

日本外科学会認定医/日本外科学会専門医/日本外科学会指導医/日本消化器外科学会認定医/日本消化器外科学会専門医/日本消化器外科学会指導医/日本消化器病学会専門医/日本乳癌学会認定医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/日本がん治療認定医機構暫定教育医

外科医長若井 淳宏

上部消化管外科

平成16年卒

日本外科学会専門医

ページの先頭へ戻る