文字

看護部のご案内

看護部看護部リクルート向けページへ

看護部長挨拶

平成29年10月1日より、前太田副院長、看護部長より引継ぎ看護部長に就任いたしました長岡です。 当院においては、9月1日に7対1看護体制を取得しました。患者さん7名に対して看護師1名の配置により、今まで以上に安全で質の高い看護の提供に努めております。

また、10月1日より地域包括ケア病棟が開設となり、南区地域の救急医療を担いながら、在宅復帰に向け他職種と協働し、患者さんのその人らしい生活が送れるよう支援しております。大切な人を安心して任せられる病院であるために、患者さん、ご家族の方お一人おひとりを大切にしたおもいやりのある看護、きめ細やかな気配りの行きとどいた対応を常に心がけております。

看護部長 長岡敦子

外来 ―患者さんの声を大切に―

外来では18診療科の診察および各種検査を行っています。また、胃や大腸内視鏡下での治療や抗がん剤治療などの通院治療も行われています。看護師は、患者さん一人ひとりに、安全・安心で快適な環境を提供できるよう、きめ細やかな配慮を心がけています。複雑かつ多様化する通院治療に対応し、「より身近な医療の専門家」として患者さんを支援できるように、専門的な知識や技術の向上に努めています。お気づきの点がありましたら遠慮なくお申し出ください。

東棟3階病棟(45床) ―急性期、がん医療から緩和ケアまで―

東棟3階病棟は腹部や消化管の疾患、乳腺やヘルニアなどの体表疾患の患者さんのための病棟です。消化器内科では内視鏡の診断と治療、消化器外科では手術と抗がん剤治療、緩和治療が行われております。ごはんが食べられることは、生活に最も密着した人間の営みであり、また健康のバロメーターです。長期間ごはんが食べられない患者さんは精神的にも強いストレスにさらされます。私たち看護師はこのような患者さんが過度のストレスに苦しまれないように見守り、食事ができるようになるまで看護させていただいております。また介護、緩和ケアを必要とされる時は、主治医、医療ソーシャルワーカーと密に検討を行い、最も良いと思われる選択肢を探しております。信頼していただける看護の実践が私たちの目標です。

東棟4階病棟(45床) ―多職種によるカンファレンスを実施しています―

東4階病棟は、地域包括ケア病棟として全診療科の入院患者に対応しています。急性期の治療を終了後、すぐには在宅や施設へ移行するには不安のある患者さんに対し、在宅復帰に向けて診療・看護・リハビリを行うことを目的としています。入院中から退院後の生活を見据えて医師、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー協働での多職種によるカンファレンスを行い、退院調整・支援を行っています。家に帰ってからもその人らしく生活ができるよう、住み慣れた地域へ笑顔で帰っていけるように退院後の生活をイメージしながら患者様の生活を支えるをモットーに私たち看護スタッフは患者さんやご家族へ寄り添い看護をさせていただくことを目指しております。

東棟5階病棟(47床) 

東棟5階病棟は、急性期内科病棟として新病院開院より少し遅れて8月1日に開設しました。循環器、呼吸器、腎臓、脳神経、消化器疾患などの急性期の患者さんが入院される病棟です。急性期といっても診療科が幅広いため様々な病態の方々がいらっしゃいます。看護師は専門職としてしっかり患者さんを支えることができるよう知識、技術の向上に努めています。また患者さん、御家族の方に信頼していただけるよう日々気を配るよう心がけています。「ここでよかった」と言っていただけるような看護ができる病棟を目指しています。

東棟6階病棟(42床) ―患者に寄り添う看護がモットー―

東棟6階病棟は、障がい者病棟で、慢性期からターミナル期の看護を行っています。主に脊髄に障害がある重度の肢体不自由患者さんや、脳疾患などの重度の意識障害がある患者さんが入院されています。寝たきりで、長期入院を余儀なくされる患者さんに、少しでも気持ち良く過ごしてもらいたい為に、清潔ケアに力を入れて取り組んでいます。

東棟最上階の6階で見晴らしもよい病棟です。安全で温かい雰囲気のある環境づくりと、患者・家族に寄り添う看護が提供できるように、スタッフみんなで日々努力しています。

手術室 ―顔の見える手術室―

手術はその大小によらず患者さんにとっては不安な治療です。私たちは術前・術後の病棟ラウンドなどを通して、手術に対する不安や恐怖を払拭できるようにお手伝いをしております。手術室は医師、看護師やコメディカルが連携し、緊急手術でも、予定の大手術でも安全に実施されることが重要です。最近では各種手術器材も最新式に更新し、患者さんの精神的、身体的負担も軽減してきました。外来手術に関しましては、受診当日でも治療が受けられるような迅速な対応に努めています。患者さんのプライバシーに配慮し、かつ病態・病状に合った看護を提供してゆきたいと思っています。

透析室 ―安全・安心な透析療法と明るいスタッフ―

透析室は新潟白根総合病院の西棟4階にあり、担当スタッフは医師・看護師・医療技術者の14名です。当透析室は、患者さんの通院において利便性を高めたいという強い思いから1991年に開設されました。現在でも、設立当初の意向は変わらず、近隣の方を中心に約100名の患者さんを受け入れています。透析治療は患者さんにとって精神的にも肉体的にも負担の多い治療です。安全性を確保するとともに精神的なケアにも積極的に取り組み、明るく、アットホームな治療環境を提供することが私たちの目標です。

ページの先頭へ戻る