文字

病児保育室 みなみっくる

「病児保育室 みなみっくる」開設のご案内

新潟市南区で初めてとなる病児デイサービスセンター「病児保育室 みなみっくる」が2020年3月23日(月)、新潟白根総合病院 西棟1階に開設しました。

病児保育室とは

お子さんが病気になり、「いつもの保育園・幼稚園などに預けられない…」「付き添ってあげたいけど、仕事も休めない…どうしよう…」という経験はありませんか。
病児保育室みなみっくるは、病気や回復期などにあるお子さんを、仕事などの都合によって家庭で保育できない保護者に代わって、保育士と看護師が医師と連携をはかりながら、一時的にお預かりする施設です。

利用できるお子さん

以下のすべての条件を満たすお子さん

  1. 新潟市内に居住する生後6カ月から小学校6年生までのお子さん
  2. 病気や病気回復期にあり、集団保育などが困難なお子さん
  3. 保護者が勤務などの都合により、家庭での保育が困難なお子さん
  4. かかりつけの医療機関の医師が利用について差し支えないとするお子さん

利用できる疾病・症状

お子さんが日常罹患する疾病
感冒、消化不良症(多症候性下痢)
伝染性疾患
水痘、風疹、おたふく、インフルエンザ等
(医師等が伝染力がないと判断した場合や隔離室にて保育が可能な場合)
慢性疾患
喘息等
外傷性疾患
熱傷等

利用方法

利用するには事前登録が必要です

お預かりするお子さんの健康に関する状況を把握し安全に保育するために事前登録が必要です。
事前登録票 母子健康手帳、健康保険証、こども医療費受給者証をお持ちください。

利用する際の予約方法

①利用の前日にかかりつけ医から「医師連絡票(新潟市様式)」を発行してもらいます。

※発行費用は保護者負担となります。

②利用の前日までに病児保育室みなみっくるに電話をし、医師連絡票に記載された症状を伝え、空き状況を確認して予約をします。

※急きょ当日の利用を希望する場合は施設に相談

病児保育室みなみっくる 受付電話
平日:8:30~17:30
(025)378-0755

利用に必要な書類(事前登録票・医師連絡票・利用申込書兼状況調査票)は新潟市ホームページ「保育園関係様式集」からダウンロードできます。

利用時間

月~金曜 8:00~18:00(土・日・祝・年末年始は休み)

利用日数

原則として連日7日まで

利用料金

8:30~17:30
基本料金
4時間超 2,000円/4時間以内 1,000円
8:00~8:29
早朝料金
200円
17:31~18:00
延長料金
200円

※持参したオムツがなくなり、施設のものを使用した場合などは、実費を別途いただきます。
※生活保護世帯、前年度市民税非課税世帯は、利用料が免除になります。利用申込時に申請してください。

定員

6名程度

受付電話・お問い合わせ

病児保育室みなみっくる 受付電話
平日:8:30~17:30
(025)378-0755

キャンセル専用留守番電話

利用予約をしたけれど、お子さんの体調が回復した場合やお仕事のご都合がついた場合など、病児保育室の利用が必要でなくなった際には必ず当日の朝7:30までにご連絡ください。

キャンセル専用留守番電話
夜間・早朝・休日用(24時間対応)
(025)374-7730

持ち物

書類

利用申込書、母子健康手帳、医師連絡票、健康保険証、こども医療費受給者証
お薬手帳、みなみっくる連絡帳(初めての方は当日お渡しします)、診察券(お持ちでない場合は発行致します)

処方された薬

内服薬
保育室で飲む1回分
座薬・頓服・外用薬
薬袋ごとお持ちください

食事

昼食、スプーン・フォーク・はしなど、飲み物(水・茶・イオン飲料など)、コップ、おやつ(午前分・午後分)、ミルク・哺乳瓶※(飲む回数分)

衣類

着替え(上下・下着)、おむつ※、おしりふき※、ビニール袋(3袋くらい)、フェイスタオル、おしぼり※、エプロン※

※は、必要なお子さんがお持ちください。

場所

新潟白根総合病院 西棟1階

【病児保育室みなみっくるの専用出入り口からお入りください】

ページの先頭へ戻る