文字

医療安全管理部紹介

医療安全管理部長 挨拶

医療安全管理部長
飯合 恒夫

「安心、安全な医療」を受けることは患者さんの権利であり、それを提供することは病院の責務であります。一方「To error is human」、人は誰でも間違いを犯すことがあり、どんなに心がけても間違いのリスクを100%取り除くことはできません。医療現場でも間違いは起きるものであるということを前提に、それを未然に防ぐこと、拡大させないこと、繰り返さないようにすること、が医療安全の基本です。医療安全管理部では職員から提出されたインシデントレポートや院内巡視、カンファランスなどを通して、当院の医療安全上の問題点を分析し、その対策を立案、実施することで医療安全の徹底を図ります。安全な医療システムを確立し、「安心、安全な医療」を皆さまに提供できるよう病院全体で努力していきます。

医療安全管理部 副看護部長 挨拶

医療安全管理部
副看護部長 和田 順子

安全・安心の医療は患者様、ご家族様をはじめ誰もが望んでいることです。

近年、医療機関における医療事故の発生が各方面で大きく取り上げられ、国民の注目を浴びることになり、社会問題化しています。

医療技術の進歩は目覚しいものがあります。しかしその反面、技術をより専門的かつ複雑化していきます。

医療事故を未然に防ぐためには病院が一丸となってより良い医療のあり方について取組む必要があります。私達は「人間は必ずミスを冒す」という事実を根底に持ち、医療従事者個々の知識・技術向上はもちろんのこと、安全が確保出来る良好なチームワークとシステムの向上を目指し、患者様への安全安心な医療提供のため日々努力しています。

ページの先頭へ戻る